知育いすデスク

USER

八尾市H様

 デスクの体がすっぽり入るところもちょうどいい広さです。勉強も以前より集中して行うようになりました。素晴らしい商品ありがとうございます。またご縁がありましたらよろしくお願いします。もっと知育いすが広がること心から望みます。

岡山市 U様

 現在5歳のダウン症を持つ娘が、知育いすと知育いす用天板を使用しています。
 娘はダウン症児のなかでも筋緊張が弱いタイプと言われ、特に股関節と足首が非常に柔らかいため、座位姿勢を長く保つことを苦手としています。
 これまでは食事の際には市販のキッズ用ハイチェアーを使用、お絵かきなどの手先を使う遊びの際には、手作りのイスに座り、ローテーブルで作業させていました。しかし、あまりにも猫背になるのと、すぐに膝を座面の上に立ててしまうことが気になり、何かいいキッズ家具はないかと、ずいぶん探しました。その頃に出逢ったのが、この知育いすです。横山さんにはたいへんお世話になり、細やかに調整していただき、それだけで、私たち親の不安がなくなり、感謝しています。

 現在は、食卓テーブルと並べて置き、娘は知育いすに座りながら、家族と同じように食卓を囲むことができています。娘もたいへん気に入っているので、お絵かきやパズルなど、食事以外の作業の際にも、みずから進んでいすに座りたがります。
 股関節が開かなくなり、天板にひじをついて作業ができるので、上半身の姿勢保持が格段に良くなりました。そのせいか、食べこぼしが減ったように思います。足も奥行きのある足台に乗せているので、安定感がありますし、長時間でも嫌がりません。

 ホームページの説明にも書かれていますが、水拭きしやすいので助かります。食事にも使っているので、清潔が保てることはありがたいです。クッションがマジックテープで取り外しできることも感激しました。1歳頃から中学生頃までと長期間使えることも嬉しいです。大切に使っていきたいと思います。ありがとうございました。

北九州市 M様

 特に集中して何かをするのに困っていたわけではありませんが、きちんと机に向かう習慣を身につけてもらいたいと思い、3才の娘(ダウン症)に使いはじめました。最初からとても気に入って、今ではもとの状態(幼児用の小さなテーブルと椅子)での学習は不可能です。
 本人はもとより、教える側が楽になりました。パズルや絵あわせ、お絵かき、ひらがなの練習、と次々にやりたい!と要求してくるので、"いつの間にこんなに成長していたの?"と驚くほどです。
 療育センターにも通えず、ちょっと何かそろそろ始めないといけないかなあと思っていたので、少しカリキュラムを組んでやろうか、と親のやる気につながりました。
 小学3年生の兄(健常児)も下の子が寝たあとに、"こっちの机の方がはかどる"といって、使っています。当面は共用で使います。予想していた以上に価値のある机だと思います。

岡山白ゆり発達支援センター所長 石原忍氏

 ブログ● 行動改善のアプローチを環境構成の視点で整える

 ブログ● 知育いすデスクでの学習

 
岡山白ゆり発達支援センターのホームページ

倉敷市 Y様

 大人と一緒に食事をしたがるようになり、食卓テーブルと同じくらいの高さの椅子を探していましたが、正しい姿勢を保てる椅子がなかなかありませんでした。
 この知育いすだと、正しい姿勢を保て、足を置く台もあり、成長に合わせて調節できるため、長く使えそうです。
 食事の時に色々と気が散っていたのも以前と比べて減り、長く座れるようになった気がします。これからは食事だけでなく、お絵描きやお勉強にも使えるかなと思います。
 接着剤を使用せずに作られており健康面でも安心なので、購入して本当によかったです。